かぜ症候群

 かぜ症候群
微生物の感染によって鼻からのどにかけて、炎症を起こすことで起こる疾患です。
原因となる微生物は、80〜90%がウイルスによるものと言われています。ライノウイルス、コロナウイルスが多く、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが続きます。ウイルス以外では、一般細菌やマイコプラズマなどが原因となります。症状は、鼻の症状(鼻水、鼻づまり)、のどの症状(のどの痛み)が多く、発熱や頭痛、全身のだるさや痛みを伴うこともあります。気管や気管支などに炎症が波及すると咳や痰が出現します。治療は、安静、水分・栄養補給です。インフルエンザや、細菌によるかぜには、抗菌薬が効果を示すことがありますが、多くのウイルスによる感染には無効なため抗菌薬は不要です。鼻水や咳を減らす薬や、解熱鎮痛剤を使用し、対症療法を行います。くしゃみや咳などで感染が起こるため、外出後のうがいや手洗いを行なって予防してください。また、くしゃみや咳が出る際には鼻や口を覆うなど咳エチケットを励行してください。